■ ここにいきなり安全情報をはさみます。

イギリス人の地下活動とその銃設備と麻酔術について

理由 侵入集団に日本人の戸籍を与えようとしています。理由をいろいろと言い立てていますが、そんな膨大な作戦をやればやる程、現実に誰が偉くなっているのでしょうか。

方法 一般に薬物入り飲食。 旅館手引き。 歯科。 美容院。 ビデオ会。 ピアノ運搬自宅他。 また、壁や箱に隠れた電磁波銃で心臓を撃つ仕掛け。 銃眼前の位置に付かせる為の色々な工夫があります。 他に、張った肌つるつるした肌への塗り込み、けもの道装填。

場所 銃設備は、地下ですが数多いです。組織開発であるから、どこにでも設置できるでしょう。

入ってみても、障壁の陰や箱の中に隠れていて見つからないと思います。
安全に、見て確かめるということはできない仕掛けです。

またそっくりさんが生まれ換わるのですから、着々と計画的で、準備ができしだい順番に狙われているようです。

 以下地域の銃設置箇所のおおよその位置を示し、その誘い方を例示してみます。

1、雑談 たとえば、親しげなきまじめな感じの人に誘われて、話し合い中にも撃たれる所だという。

案内人を疑うことである。わざと小者振りに出て見くびられ、油断させる手もあるらしい。イドでなくしようとか、あれイドだとか言って誘う人がいるようだが、実は嘘で、その人も生まれ替わりのそっくりさんなのである。「そごさ行ぐべ」と言うあまりに簡単な誘いに、かえって警戒心をなくしてしまう作戦もあるという。また、銃がある事を教えるみたいな事を言って信用させ、「ここまでだ」と言って銃の前に立たせてもいるらしい。

銃眼は回りに何十箇所もあると思うべきである。

ここ1は「何もない」という所。

とにかく、イド弱いふり、いないふり。「そこだイド」「じゃイドいねな」

2、外灯 陥没路 街灯の下か。陥没部が見える穴。湯田町の人が狙われていた。

3、挟撃地 挟み撃ちの誘いがある所。同じ道路の並びにも挟撃地があるらしいが、そこは生きて返って来る所で、出たり入ったりしているという。

4、寄るの、夜のあるいは独り進む 穴に入ってから、更に好奇心で銃の前に誘う所。

5、サイド 写真展示室。近くに、極楽飲食室があって、帰って来ない人がいたのではないかという噂がある。

6、製造所近辺 会合する所らしいが、更に別の部屋に連れて行く所らしい。

7、ある時は、投票などの簡単な誘いで。壁に向かってある姿勢を取らせる。

8、奥 そこイドなんだよな、などと言って一人で寄らせる所。安全な気がして入る「基線」操縦室から、そこで、とかと、ちょいと誘い込まれる所もあるらしい。

9、ステージ そこ一センチないんだよな、とか、いただじゃ、と言う所で、観客が招かれていた。操縦室への入り口だと言って立たせる所でもあるらしい。箱からのようだ。別方角に休む所。

10、水浴 戯れに願いを掛ける所だったという。脱衣中か。また、ベッドの側で女性が待っていて、気前のいい大物の先生方を釣っていたという。12 罵声 壁に向かって声を上げる所だという。10と同じ場所にあるらしい。

13、注進けね 電話ボックスみたいな所に進む所らしい。階段中二階か。 

14、電磁波設備の係り。自分から影響を与えたくて入る人もいる。

16、ビデオ室 あいつの恥ずかしい所を見よう、等と誘うところであったという。

21、倉庫 工場の倉庫のように天井が高いという。軒下ともいう。

23、寝台 棚に衣類を置く時に狙われているか。寝台上でも狙われているようだという情報が届けられていたが、女性に対して、ここが「電子レンジ室」「よすみ」から強制的に眠らされる所であった。

24、三角屋根 水槽が二つあって、もう一つ進む所であるようだ。通行人に紛れて歩いているうちに銃口の前に立ってしまう仕掛けがあるというが、ここのことか。

25、遠足。入り口から離れているからか。応援に女性の方が誘われていたという。

26、嫁に行こうと言って物を作る真似をする所。屋台ともいう。中では飲まない。

27、直進路 何が目当てかまっしぐら。15と同じく難死路ともいう。小部屋。

28、待つかと聞いて撃つ所。有名な仏俳優がここで撃たれたらしい。

29、道路脇 カソリック教会裏 設備係り。

30、元北上市農協跡、ジョイス店舗内地下。イドやるべ、と誘う所もあったというが、今女性の遺体を展示しているという。

32、北上市市立中央図書館周辺。

33、北上市市役所下。

34、口内東稜中学校グラウンド横。展望写真ということで誘っていたという。

35、口内国道107号線浮牛城近辺。

36、花巻市市立博物館駐車場下。 

37、湯田町銀河ホール近くの民家から。

39、湯田町越中畑番所跡寄り白木野民家裏。

40、電話番のできる地下室に新たに銃を設置したという。その近隣、中が見えるとかと言って誘う所は催眠薬事件の現場であるという。広間は現場になり得る。

41、沢内 璧祥寺向かい側駐車場下。

42、解体所の一つ 各処刑地点は広域に裏でつながっているという。  

43、東小。

44、流通団地近く萩の江住宅地。 

49、江釣子、曽山線高速道路近く。東京からの芸能人が、ここでいいから、と言われて呼ばれた所だという。地元の人が被害に会うときは、他のポイントと同じように、多くは女性に招かれていたようだという。

 

 犯人は折角作った設備であるから利用したいのです。

 催眠薬を使って意識不明にする場合、上に書いた「吸盤タコ針術」ばかりでなく、3分間死んだ振り芝居という手口があるそうです。すねでも効くそうです。

 旅宿中、睡眠薬入りの膳に並び、帰らぬ人となった事件がありました。

 何か作戦が出来るぞと言って女性を誘っていますが、絶対に嘘です。やられるだけです。 今は地域の人を狙って数を稼ぐだけの作戦しか地下に無いのではないかと思われるほどです。イギリス人地下組織全体がそうなっているのではないでしょうか。   

 そこまでだ、とか、ここで帰れる、とかと言われると、安心して誰でも頷きますが、言われたままに穴に入って、かなりの人が帰らぬ人となっているといいます。

 事件が多いのですから、他の心配事があってもどうしても潜るべきではないと思います。自分がいなくなったら元も子もありません。

 救急車を呼ぶぞ、とまで言って脅す者がいるそうですが、やはり皆と相談して陸でがんばるべきです。穴で死ぬことは、国を売ることです。

 顔がそっくりな人を出して安心させようともしていますので、顔を見ただけでは安全かどうか分かりません。

 色よりも戸籍が与えようとして、そっくりさんを作ってくれているイギリス人組織の大構えと、それを待って並んでいる大勢の人間が背景にいることを考えるべきです。

    

地域に配られていたものをコピーしました。とりあえずご参考までに。

                

九州北部海辺と青森の八甲田にも施設が据えられていて、生まれ替わり作戦が指導展開されているというような話向きであった。

更に九州北方からは引き上げたという最近の情報があった。



コピーアーなぞ、ずいぶん小さな者を目当てにいう人がいるが、あまりに大胆大規模な作戦で、全然バランスがとれていない。

いくらかお相手がいるにしても、そんなにしてまでやることだろうか。

犯人は、過激で大胆なからかいが、まんまと人の世の舞台に通ったことが面白いだけなのである。

いずれにしても、人を殺める作戦など引き受けるものではない。

そんなにしてまで人の世話を焼くものであろうか。



最終的には思いっきり悪びれて、世界市民につまみ出される始末しか考えにないのではないだろうか。

人間の頭にあるものとしては他にないと思う。

そんな作戦は無駄にも残忍なことで、決して乗れるものではない。       



コピーアーが世界支配への準備にあずかり、みずからその気持ちを抱かせられる、などといった馬鹿なことは一度たりともない。

全くのでまかせである。



どうも運動関係者の「粛清」を狙っているのでないかと疑われる節々がある。



イギリス人は大馬鹿なことの尻押しを一杯にやっているようだ。

気を付けて下さい。

銃は余裕があればどこにでも据えられるのである。



銃口や照準の眼の穴が見つかることはないのだろうか。



以前は銃でなく、色仕掛けの飲食でやられていた人がいたのかも知れない。

銃は十五年ぐらい前から使われ出したものではないだろうか。

電磁波麻酔術はかなり早くから使われていたようだ。

陸にいても、地下からの電磁波で無理矢理にも眠らされてしまうことがある。修業中作業中にも一ヶ月も掛けられてみたまえ、まず死にたくなる。



とにかく、近辺だけでもまだまだ設置場所が潜んでいるような情報である。