■ 学者が幾何学的に図形を描くみたいに、東洋人を操る計画があった

一方では、もはや二度と口にできないほどの、過激な、わざとらしい第三国人事件を押し付けられてきた。

そして、どちらにしても誘いも巧みに、絶対称の両極端の位置を取らされて、その後にも続く長い、日本国土全体の反則活動の展開の為の、大きな根拠を成すような計算があったと言えよう。